西東京市柳沢の歯医者さん 西武柳沢南口歯科の院長紹介

 

院長:北浦 義昭

 

【院長略歴】

.jpg(株)東芝の研究所で半導体の研究・開発に従事した後、医学と工学の融合領域の研究と臨床応用を目指して広島大学歯学部に学士編入学しました。歯科医師免許取得後、昭和大学歯科病院で研修し、東京大学医学部大学院に入学、骨の発生学的研究で医学博士号を取得しました。
現在も東京大学で骨の再生医療の研究を続けており、最新医療・情報の臨床応用を目指しています。


【所属学会】

2014年9月にテキサス州ヒューストンで開催された米国骨代謝学会で口頭発表しました。
米国の電子ジャーナルPLOsOneに論文が掲載されました。

日本骨代謝学会のホームページ(1st Author)で論文が紹介されました。

2017年9月にコロラド州デンバーで開催された米国骨代謝学会で、

骨折治癒に効果のある新しい薬についてポスター発表しました。

この薬は、将来、骨粗鬆症の新しい治療薬としても期待されます。

2018年3月に横浜で開催された日本再生医療学会で口頭発表しました。

2018年9月に京都で開催されたTERMIS(国際再生医療会議)でポスター発表しました。

 

 【ごあいさつ】 

お口の健康と全身の健康はとても密接に関係しています。お口単独ではなく、全身の中の一つの器官として捉えた健康管理や治療が大切です。疲労や病気など、体調を崩した時は、歯周病などのお口の状態が悪化した経験をお持ちの方も多いと思います。逆にお口の健康状態が良ければ、全身の健康維持にも大きく寄与し、脳も活性化することが分かっています。

平均寿命世界一の日本に於ける課題の一つが、健康寿命を延ばすことですが、それにはお口の健康を維持することが必要不可欠です。

大学での研究活動を通して得た最新の知見を活かして、患者様のお口の健康管理に努め、全身の健康維持のお手伝いをしていきたいと考えています。